沖縄県那覇市内に室内型トランクルーム

トランクルームの屋内タイプと屋外タイプの違いとは?メリット・デメリットを紹介

トランクルームの屋内タイプと屋外タイプの違いとは?メリット・デメリットを紹介

近年、私たちのライフスタイルに欠かせないものといえば、「トランクルーム」ですよね!

昔は会社で利用することが多かったですが、最近は個人で利用する人が増えてきているといいます。

とはいえ、トランクルームがどのようなものか分からない人も多いのではないでしょうか?

実はトランクルームには、「屋内タイプ」と「屋外タイプ」があり、それぞれにメリット・デメリットがあるといいます。

そこで今回は、トランクルームの屋内と屋外の違いについてまとめてみました!

 

屋内タイプのトランクルームとは?

まずは、屋内タイプのトランクルームについて紹介します。

屋内タイプのトランクルームとは、1フロアすべて使った屋内にあるレンタル収納スペースのことをいいます。

ビルの中などのスペースにあることも多いため、駅からも近く、アクセスは抜群ですよ。

 

屋内タイプのメリット

屋内タイプのトランクルームの1つ目のメリットは、「安全対策がバッチリ」だということです。

先ほど書いたように、屋内タイプは主にビルの中にあるため、防犯カメラはもちろんビル自体がきちんとロックされるほか、トランクルームのロック機能もあり二重ロックになっています。

また、警備システムなどのセキュリティ機能が万全なため、24時間安心して預けることができます。

 

2つ目のメリットは、「温度&湿度の管理が徹底されている」ということです。

屋内タイプでは、換気扇やサーキュレーターのような空調設備が整っているため、気温や湿度に左右されることがありません。

そのため、衣類のようにカビが発生しやすく湿気の気になるものでも、劣化することはなく大切に保管することができますよ。

 

3つ目のメリットは、「清掃が行き届いている」ということです。

屋内タイプのトランクルームには、管理人がいるところが多いため、定期的に巡回をしてくれたり掃除をしてくれるので、衛生面もとても安心できます!

 

屋内タイプのデメリット

屋内タイプのデメリットは、「料金が高め」なところです。

その理由としては、やはり上記に書いたように「安全対策がきちんとされている」、「温度や湿度の管理が徹底されている」、「清掃が行き届いている」という点があることから、料金が高めに設定されているというわけです。

 

屋外タイプのトランクルームとは?

では、次に屋外タイプのトランクルームについて見ていきましょう。

屋外タイプは、基本的にコンテナ型が多く、敷地の中に直接車で入ることができます。

 

屋外タイプのメリット

屋外タイプの1つ目のメリットは、「荷物の出し入れがしやすい」ということです。

屋外型は車でそのまま敷地の中に入ることができるので、収納するトランクルームの目の前まで車で行くことができます。

目の前まで入れれば、大きい荷物や重たい荷物でも移動しやすいですよね!

中も広々としているので、たくさんのものを収納することができます。

 

2つ目のメリットは、「値段が安い」ということです。

屋外タイプは管理費などにコストをかけていないため、屋内タイプと比較すると、安く借りることができます!

アウトドア用品のようなワンシーズンしか使わないものや、たまにしか使わないものを預けるのには最適ですね。

ただし、トランクルームによっては、更新料や管理費を払わなければいけないところもあるので、利用するときにはよく契約を確認することが大切です。

 

屋外タイプのデメリット

屋外タイプの1つ目のデメリットは、「温度や湿度の影響を受ける」ということです。

外に設置されている屋外タイプは、梅雨のときの湿気や温度変化の影響を直接受けてしまうため、劣化やカビが発生する可能性が高いので、保管できるものはどうしても限られてしまいます。

また、屋外の場合は砂埃や風、雨などにさらされるため、清掃が行き届かず汚れがちになってしまいます。

 

2つ目のデメリットは「安全性が低い」ということです。

屋外にある以上、どうしても第三者が侵入しやすくなってしまうため、安全性は低くなってしまいます。

もちろん、トランクルームのカギは複製できないようになっているなど、しっかりしているものがほとんどですが、管理人が常駐しているところは少ないため、安全とは言いきれません。

 

まとめ

トランクルームの屋内と屋外の違いについて紹介しましたが、いかがでしたか?

 

屋内タイプのメリットは

「安全対策がバッチリ」

「温度&湿度の管理が徹底されている」

「清掃が行き届いている」

 

デメリットは

「料金が高め」だということが分かりました。

 

一方、屋外タイプのメリットは

「荷物の出し入れがしやすい」

「値段が安い」

 

デメリットは

「温度や湿度の影響を受ける」

「安全性が低い」ということが分かりました。

 

このように比べると、どちらもメリットとデメリットがありますが、全体的なメリットの多さは屋内タイプだと言えますね。

ただ、大型のものや温度&湿度の影響を受けないものであれば、屋外タイプでも十分有効活用できると思います。

ご自身がどのような目的で利用するかを考えた上で選ぶのがおすすめですよ。

お問い合わせ

メニューを閉じる