沖縄県那覇市内に室内型トランクルーム

「沖縄ではパソコンをトランクルームに預けた方が良い」とはどういうことか理由と注意点について解説

「沖縄ではパソコンをトランクルームに預けた方が良い」とはどういうことか理由と注意点について解説

沖縄でオフィスを運営する企業にとって、使わないパソコンの保管場所には悩まされることも少なくありません。

専用の部屋に置くことも考えられるでしょう。

しかし、こと沖縄においては、パソコンはトランクルームに預けるべきです。

今回は、何故沖縄ではパソコンをトランクルームに預けるべきなのかという理由と、その注意点について説明します。

 

置き場所に困りやすいパソコン

パソコンは置き場所に困りやすいものです。

ノートパソコンのようなコンパクトサイズのものならいざ知らず、ディスプレイ一体型のパソコンやフルタワー型といったパソコンは特に置き場所に困ってしまいます。

その理由について考えてみましょう。

まず、場所の占有率が高いことが理由として挙げられます。

スリムタワー型などは横幅が短いため幾分省スペースですが、それでも奥行きがあるため置き場所はある程度選ぶことになるでしょう。

逆に液晶ディスプレイ一体型は、奥行きが無い代わりに横幅が広く取られているほか、どれだけのスペースを専有するかは台座部分の広さにも依存するため、見た目以上にスペースを取ることも少なくありません。

他の理由として考えられるのが、移動の際にネックとなる重さです。

フルタワー型のパソコンの重さは10kg~15kgとされています。

これだけの重さのものは、手軽に移動させるのが難しいものです。

ミニタワーやスリムタワーは幾分軽くなりますが、それでも5kg~6kgであり、複数をまとめて一気に運ぶには台車などを使う必要が出てくるでしょう。

一度置いてしまえばその後移動させるのが難しいことも、置き場所に困る一因となります。

セキュリティ上の扱いも置き場所に困りやすい要因です。

たとえそれが廃棄予定だったとしても、不特定多数の人間が入れる場所に放置した場合、悪意のある人がHDD内のデータを抜き出そうとすることが考えられます。

そのため、パソコンを保管する場合はきちんと施錠ができること、入室できる人が限られる場所に置いておく必要があるのです。

 

沖縄ではトランクルームにパソコンを預けたほうがいい理由

では、沖縄ではトランクルームにパソコンを預けたほうが良い理由について考えてみましょう。

真っ先に考えられるのが、トランクルームは環境がしっかりしているということです。

トランクルームは施錠ができるため、誰もが気軽に入れる環境ではなく、セキュリティ面は万全です。

また、オフィスの外に専用の保管場所を作ることができるため、場所を専有するという問題からも解放されます。

トランクルームに保管した後は、何度も場所を動かすことも無いため、頻繁な移動を妨げる重さに悩まされることもありません。

しかし、これらの利点は沖縄以外でも成立します。

実は、沖縄においては、「環境がしっかりしている」の利点がもう一つ存在します。

沖縄は本州以北と異なり、亜熱帯に属する小さな離島です。

本州以上に高温多湿の環境に置かれる上、潮風に晒されることも多く、精密機器であるパソコンにとっては非常に過酷な環境となります。

こうした事情から、湿度と温度が適切な状態に常に保たれる上、潮風からも守ることができるトランクルームは、沖縄におけるパソコンの保管場所として最適なのです。

 

パソコンを預けるときの注意点

沖縄でトランクルームにパソコンを預ける場合、いくつかの注意点があります。

まず、パソコンなどの精密機械を預ける場合は、屋内型のトランクルームを選ぶようにしましょう。

屋外型の場合は、高温多湿の環境や潮風からパソコンを守ることができず、パソコンをわざわざトランクルームに保管する意味がありません。

加えて、空調設備がしっかりしたトランクルームを選ぶと良いでしょう。

トランクルームは密閉されるため、空調設備がなければ内部の温度が上昇し、室内でありながら高温多湿の環境が成立してしまいます。

パソコンを預けるのに適したトランクルームは、きちんとした空調設備が備わっているトランクルームなのです。

環境を整えたトランクルームにパソコンを保管していても、事故などの要因で壊れてしまうケースがあります。

万が一トランクルームに預けている最中に壊れてしまった時に備えて、予めメーカーなどが発行した保証書等を確認しておきましょう。

盗難のリスクを回避するために、トランクルームに防犯設備が備わっているかどうかを確認することもおすすめします。

 

トランクルームにはパソコン以外にもこんなものを預けられる

トランクルームには、パソコン以外にも様々なものを預けることができます。

例えば、使用していない会社の制服を保管するにはトランクルームは最適の選択肢と言えるでしょう。

空調設備がしっかりしているトランクルームは、湿度もコントロールされているため、カビなどの心配をすることなく衣類を預けられます。

書籍や書類などもトランクルームに預ける候補に上がるでしょう。

精密機械動揺、紙も湿度には敏感で、多湿の環境下で放置していると「波打ち」や「おちょこ」と呼ばれる変形が起き、状態が悪くなってしまいます。

湿度管理が行き届いているトランクルームに預けることで、良好な状態を保つことが可能です。

デスクや椅子の類も預けることが可能です。

特に使用していないデスクは、オフィス内にそのまま放置していると場所を取ってしまいます。

トランクルームに預けることで、オフィス内のスペースを広く、有効に使うことができるため、場所を取るものがあればトランクルームに預けてしまうという習慣をつけることをおすすめします。

 

環境の整ったトランクルームは、省スペースの強い味方

場所を取りやすいパソコンなどは、空調設備が整ったトランクルームに預けることをおすすめします。

特に沖縄では、高温多湿に加えて潮風が吹くため、精密機械を過酷な環境から守ることができるトランクルームへの保管は本州以上に重要です。

使用しないパソコンやデスクなどはトランクルームに保管して、オフィスのスペースを有効活用しましょう。

お問い合わせ

メニューを閉じる