沖縄県那覇市内に室内型トランクルーム

沖縄での引越しの際に荷物預かりができる所を探す方法や注意点について

沖縄での引越しの際に荷物預かりができる所を探す方法や注意点について

家財道具などの荷物を預ける場所を探すのは引越しの際の重要な課題です。

数が多いほど預けることが難しくなるので事前の情報収集は欠かせません。

特に沖縄での引越しは地域ならではの事情もあるので十分な準備が必要になります。

スムーズに引越しを行うためにも、沖縄の引越し事情やトランクルームの利用方法などを学びましょう。

 

沖縄特有の引越し事情について

不動産屋の対応が本土よりも遅いことがある

沖縄への引越しで多いトラブルとして不動産屋の対応の遅さが挙げられます。

沖縄はのんびりした気質の人が少なくないため、賃貸物件への入居契約についても手続きが遅れてしまうことがあるのです。

特に本土から移住する人は沖縄に到着してもまだ入居できる状態ではないという問題に直面する可能性があります。

物件が空くまでの間、ホテルなどの宿泊施設を利用することは可能ですが、家財道具などの荷物は扱いに困ってしまいます。

物件への入居手続きが完了するまでは荷物をどこかに保管しなければいけませんが、都合よく倉庫などの施設を利用できるとは限りません。

大抵の場合、元の住居に置くか引越し業者が持つ倉庫に預ける形になりますが、家賃や預かり代金を支払うことになるので余計な出費になってしまいます。

 

入居者の退去手続きが遅れる問題もある

沖縄ならではののんびりした気質は不動産屋だけではなく、物件に入居している人にも当てはまります。

大抵はスムーズに手続きが進みますが、入居者がいつまでも大挙してくれないという事態も稀に起こります。

入居している人はわざと困らせようとしているのではなく、単にのんびりしているだけなのが却って問題と言えるでしょう。

悪意を持った居座り行為なら強引に退去させることも可能ですが、のんびりしているだけなら本人同士の問題なので力任せに解決することはできません。

賃貸物件の契約に対する考え方の違いがこのようなトラブルに至ると言えるでしょう。

住民が退居してくれない以上、荷物を物件に運び込むことはできないので扱いに困ってしまいます。

 

船便の遅れによる荷物の扱いのトラブル

本土から大量の引越し荷物を運ぶ方法は船便が一般的です。

特に大型家電などサイズが大きな物はかさ張るので船便が便利ですが、到着が遅れやすい欠点もあります。

入居と荷物の搬入に時間差が生じると荷物を他の場所に保管する必要が生じることもあるので、そのような事態も想定して準備することが重要です。

引越し荷物を保管するならトランクルームが便利でしょう。

引越し荷物は数が多い一方で荷物預かりの期間が数日から数週間と短いので、短期の利用が可能なトランクルームが向いていると言えます。

 

沖縄での荷物の保管にトランクルームが適している理由

沖縄は日本でも特に高温多湿な気候で、さらに台風が上陸する回数が多い地域です。

そのため、トランクルームの多くは気温や湿度の調整ができる、頑丈な作りになっています。

沖縄での荷物預かりにトランクルームが適しているのは荷物の破損や紛失のリスクが少ないためです。

一般的な物置や倉庫では気温や湿度の影響を受けやすい他、台風で建物が壊れてしまう可能性があります。

沖縄特有の気候を考えれば、トランクルームこそが荷物を安全に保管できる施設と言っても過言ではありません。

 

トランクルームは安全管理が徹底している一方で利用上の注意点も多い

トランクルームは引越しで生じる程度の数の荷物を安全に保管するのに最適な施設です。

荷物を出し入れする際は管理者の立会いが必要なのでセキュリティの面でも優れていますが、見方によっては荷物の出し入れが手軽にできないとも言えます。

気温や湿度を管理できるなど設備が充実している分の利用料金はかかるため、荷物預かりの日数と照らし合わせて慎重に判断する必要があります。

管理を疎かにしている悪質な所も稀にあるので、トランクルームを利用する際は下見を忘れてはいけません。

本土からの引越しで荷物預かりを目的に利用する際は施設の見学は難しいかもしれませんが、複数の口コミを比較するなど情報収集を入念に行うことを心がけます。

保管できる荷物の種類にも制限があることを注意しなければいけません。

生鮮食品や切り花など長く放置すると腐敗する物、火薬や石油燃料などの危険物はほとんどのトランクルームでは保管ができないと決められています。

また、ペットを飼育したり賃貸住宅の代わりにして住むこともできません。

 

トランクルームに保管できる物の特徴

引越しの際に荷物預かりで利用する以外にもトランクルームは様々な使い方があります。

衣料品や暖房器具など特定の時期だけ使用する物を保管したり、趣味で集めた物を劣化させずに大切に保管するなど利用目的は人それぞれです。

気温や湿度の管理ができるトランクルームなら美術品や精密機器などデリケートな物品を保管することも可能です。

 

トランクルームを上手に使いこなすのが沖縄での引越しをスムーズに進めるコツ

本土から沖縄へ移住する場合、沖縄ならではののんびりした気質に困惑するケースが少なくありません。

賃貸物件への入居手続きものんびりしていることがあるので、沖縄に到着しても入居ができないという事態に陥る可能性があります。

そのような事態に至ることを想定し、荷物預かりができるトランクルームを事前に探しておくことが重要と言えるでしょう。

引越しの手続きが済むまでの間、荷物を安全に保管することができます。


お問い合わせ

メニューを閉じる